人に優しくをモットーにインターネット・ビジネスを強力にサポートする福岡のIT企業です。日報管理&グループウェア「eNote」、ホームページ管理サービス「らくらくページ」を運営しています。ホームページ制作もどうぞ。
  ホーム 会社概要 事業案内 人材募集 ブログ お問い合わせ  
                       

 


プレスリリースを配信しました

10/02/15 | カテゴリー:お知らせ | 投稿者:片山嘉國
報道関係者各位
プレスリリース
2010年02月15日
有限会社ライトハウス

Ruby on Rails製グループウェア&日報管理システムを
「eNote for Community」としてオープンソースで公開!

~Amazon Webサービス上でも動作する本格派グループウェア~

中小企業のIT支援を展開する、有限会社ライトハウス(本社:福岡市南区、代表取締役:片山 嘉國、以下 ライトハウス)は、「企業力強化は、社内の情報共有と営業支援から」をコンセプトに、Ruby on Rails製グループウェア&日報管理システム「eNote for Community」を、2010年2月2日オープンソースソフトウェアとして公開いたしました。
また同時にAmazon社が提供するクラウドサービス上で稼働させ、サーバーインフラ運用も合わせて企業・団体向けに提供するASP型サービス (SaaS)も開始予定です。

詳細URL: http://community.enote.jp/


「eNote for Community」は、今までのグループウェアの機能(スケジュール管理・アドレス帳・共有キャビネット・お知らせ機能など)はもちろん、社内コミュニ ケーションツールとしての機能(掲示板、回覧板、社内ブログ)も充実させ、さらに営業支援機能として、得意先管理や日報入力・上司コメント入力などがプラ スされています。これらの情報を社内で蓄積・共有することで、成功ストーリーの見える化、社内コミュニケーションの円滑化、社内全体の様々な情報の可視化 によって社員の気付きを促し、企業力強化へと繋げていきます。

「eNote for Community」は、多くの人の目に触れ、ご利用いただくことによるソフトウェアの成長効果を見込み、オープンソースソフトウェアとして公開・提供さ れています。ソースコードをダウンロードし、無料で利用することが可能です。
また、近年の普及率向上が著しく、開発の生産効率が高いRuby on Railsで作られており、自由にカスタマイズしたり、独自機能を付加することが可能です。
(「eNote for Community」はGNU GPLv3の条件のもとで公開していますので、カスタマイズを加えた箇所については公開義務が生じます。非公開での利用を希望される場合は、別途有償ライ センスがございますのでライトハウスまでご相談下さい。)

ライトハウスではこれまでもRuby及びRuby on Railsをいち早く採用し、実案件の開発でも多くの実績を持っております。「eNote for Community」をオープンソースソフトウェアとして公開後も、機能の充実、品質の維持向上のための体制を維持し、継続的な改善とサポートを行ってい きます。また別途、有償サポートメニューもご用意していますので、企業内でのご利用でも安心してご利用頂けます。

eNote for Community コミュニティサイト: http://community.enote.jp/
eNote for Community デモサイト: http://demo.enote.jp/


■会社概要
社名 : 有限会社ライトハウス
本社 : 〒815-0082 福岡市南区大楠2-20-17-603
代表者: 代表取締役 片山 嘉國
設立 : 2001年10月
資本金: 300万円
URL  : http://www.l-house.net/



  プライバシーポリシー 管理メニュー
有限会社ライトハウス
〒815-0084 福岡市南区市崎2−16−11
TEL:092-406-3669
Copyright (c) 2001-2011 Lighthouse Corp All Right Reserved
当社Webサイトはらくらくページを利用して構築・運営されています。